花粉症 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Facebook いいねして下さい
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 花粉症・症状に合わせた食事など。

    2019年3月6日 , ,

    花粉症の症状に合わせて、漢方薬と食べ物を変えると効き目がよいです。

     

     

    「寒」の花粉症はまだ寒い春の初めに見られます。

    水鼻 鼻づまり くしゃみ さむけ

    食べ物は しそ ねぎ しょうが 春菊 シナモン ニンニクなど

    暖かい物をたっぷり

    朝の腹式呼吸で体内の陽気をみたしましょう。

     

    「熱」の花粉症は、

    粘りのある鼻水 のどの渇き 目の痒み 充血

    皮膚のかゆみ 紅斑 咳

    食べ物は ミント 菊茶 牛蒡 セロリ 菜の花など

    暮らしの養生は

    辛い物、油っこい物、甘い物、乳製品 酒は控えめに。

    新鮮な野菜をたっぷり。

  • すっきり・びっくり・ごきげん鼻うがい(鼻洗浄)

    2018年10月24日 , , ,

    秋の花粉症が始まっています。

     

    春、秋と花粉症があると、次は一年中鼻炎となってしまいます。

     

    花粉症の原因は、花粉だけでなく、自分の免疫力が低下すると発症します。

    早く寝る、油っこいもの、添加物の多いもの、冷たいものは避けましょう。

     

    敵である花粉には鼻うがいが効果的です。

    とっても楽で痛くない方法があります。 図参照。

    ポイントは鼻に入るお湯が体温と同じ温度、塩分濃度が1%、鼻の穴を天井に向けると、

    洗ったものがすぐのどへ流れ、簡単に吐き出せます。

     

    朝夕やってみてください。とっても楽で鼻の中が驚くほど気持ちよくなります。

    これは山梨県の渡辺薬局さんから教えていただきました。先生ありがとうございます。

     

    準備するもの      
    ・点眼容器に似た、200cc入るプラスチック容器

    ・体温より少し高めのお湯(45℃)

    ・1%食塩水
    200ccのぬるま湯に2g(小さじ1/2)の食塩を入れる。

    ・タオル

    方法  

    ①容器に食塩水を入れる。

    ②天井を向いて食塩水を鼻に流し入れる。

    ③口から食塩水を出す。

     

  • ツボ:免疫力アップ 攅竹(さんちく)

    2018年3月13日 , ,

    年々増える、花粉症患者。その8割がスギ花粉症といわれます。

    まさに今、スギ花粉の時期です。

     

    花粉症はアレルギーになりにくい体づくりが根本的な対処法です。

    そのために、免疫機能を高め、体質改善を心がけましょう。

     

    眉間にある「攅竹(さんちく)」は免疫系統に働きかけ、

    自然治癒力をアップさせるのに効果的。

     

    花粉の時季だけでなく、普段から押すといいですよ。

     

    *左右の眉間の内側のくぼみ

    *人差し指をツボに当て、骨のキワを押す。左右同様に。

  • ツボ:鼻の不調 迎香(げいこう)

    2018年3月7日 , ,

    花粉症の方が増えてきました。

    鼻の不調で体調をくずしていませんか?

     

    鼻が詰まって、苦しい。眠れない

    集中できない、など鼻の不調は、全身の健康を脅かすこともあります。

     

    鼻水、鼻づまり、鼻炎、蓄膿症などの

    鼻のトラブルの原因は鼻周辺の血行不良であることがほとんどです。

     

    それらを解消するツボを押して、鼻がすっきりすれば

    気分もすっきりするかもしれません

    *小鼻がもっとも出っ張ったところの付け根のくぼみがツボ。
      鼻水・鼻づまりの改善に効果テキメンのツボです。

    *人差し指の腹をツボに当て、鼻の中心に向かって押す。

      左右同時に。

     

    また、スタッフ堤は、粘膜を強くする漢方を飲み、

    花粉症が劇的に改善しました(^^♪

     

    花粉症のために飲んでいたのではないのですが、

    粘膜を強くすることで、毎年喉が痛くなる時期を乗り越え、

    花粉症がとても軽くすみました。

     

    毎年花粉症でお悩みの方、ぜひご相談にいらしてくださいね。

     

  • 春一番は花粉症注意

    2018年2月28日 , ,

    春一番が吹く頃、花粉症がでてきます。

    毎年ならない為には、体質の強化が大事です。

     

    呼吸器を丈夫にするのは「胃腸」です。

    快食、快便になる食事です。

     

    きのこ、人参、豚肉などがパワーをつけます。

    体質改善には「玉屏風散 (ぎょくへいふうさん)」。

    日本では衛益顆粒という名前です。

     

    花粉症に今、なっていない人も明日は要注意。

    突然発症することが多いのです。

     

    その原因は何でしょう?

     

    一つは免疫力が落ちた時。寝不足、風邪をひいていたなど。

    もう一つは敵(花粉)が多いとき。

     

    春一番が吹くと花粉が大量に飛び始めます。

    明日は十分ご注意を。

     

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null