免疫力 埼玉県のウエマツ薬局 | 漢方 アトピー 不妊 薬膳 中医学

Facebook いいねして下さい
アトピー・不妊治療のウエマツ薬局
  • 風邪をひかせないようにしましょう。

    これからが本番の受験生に風邪をひかせないようにするには、

     

    変だな、と思ったらすぐ漢方の風邪薬を飲む。 

    30分以内に飲むのが大事。   

    漢方の風邪薬を常備しておく。

     

    寒気がして汗が出ていなかったら、「青い風邪」です。

    葛根湯を熱いお湯でのむ。汗がじわっとでてきたら治ります。

    汗が出るように衣類を重ねる。

    葛根湯は煎じた汁の濃縮液がよく効きます。

     

    ウイルスに効果のある板藍根入りのお茶や飴を常時口にするのも、

    風邪をひかせないコツです。

    中国ではゴリラも飲んでいるそうです(^▽^)

     

     

    のどが渇いて痛い。体が熱っぽいときは「赤い風邪」です。

    牛蒡の種や連翹など、熱をとる清熱剤が配合された

    銀翹解毒散をすぐ飲みましょう。

     

    免疫力を高めるのも、大事です。

    夜遅くまでの勉強で疲れがたまると、風邪をひきやすくなります。

    夜早く寝てその分、朝勉強してみては?

     

    夜食が多いと胃の方に血がいって、体の表面は留守になって

    防衛力がおち、風邪をひきやすくなります。

    また花粉症にもなりやすくなります。

     

    風邪と花粉症の予防には

    「衛益顆粒(えいえきかりゅう」が毎年好評です。

    飲むと翌日の朝から元気に起きられる人もいます。今すぐお飲みください。

    漢方の風邪薬の特徴は

     

    「眠くならない」「元気になる」「ほわっと気持ちよく治る」ことです。

    ですから、いつでも飲めます。

     

    ただし葛根湯には「麻黄」という咳を止め、目をパッチリさせる生薬が入っているので、

    寝る前に飲むと、眠れなくなることがありますから注意してくださいね。

  • 手が冷たい人は心が温かい?

    握手したとき手が冷たい人は心が温かい。

    いえ、緊張して血管が収縮しているのです。

    この状態が続くと体に負担がかかります。

     

    冷えを治すには、足を暖めると血流がよくなり、

    緊張が取れ免疫力が高まります。

     

    お風呂にゆっくり入り、暖かい食事をとりましょう(^-^)

  • ツボ:免疫力アップ 攅竹(さんちく)

    2018年3月13日 , ,

    年々増える、花粉症患者。その8割がスギ花粉症といわれます。

    まさに今、スギ花粉の時期です。

     

    花粉症はアレルギーになりにくい体づくりが根本的な対処法です。

    そのために、免疫機能を高め、体質改善を心がけましょう。

     

    眉間にある「攅竹(さんちく)」は免疫系統に働きかけ、

    自然治癒力をアップさせるのに効果的。

     

    花粉の時季だけでなく、普段から押すといいですよ。

     

    *左右の眉間の内側のくぼみ

    *人差し指をツボに当て、骨のキワを押す。左右同様に。

  • 春一番は花粉症注意

    2018年2月28日 , ,

    春一番が吹く頃、花粉症がでてきます。

    毎年ならない為には、体質の強化が大事です。

     

    呼吸器を丈夫にするのは「胃腸」です。

    快食、快便になる食事です。

     

    きのこ、人参、豚肉などがパワーをつけます。

    体質改善には「玉屏風散 (ぎょくへいふうさん)」。

    日本では衛益顆粒という名前です。

     

    花粉症に今、なっていない人も明日は要注意。

    突然発症することが多いのです。

     

    その原因は何でしょう?

     

    一つは免疫力が落ちた時。寝不足、風邪をひいていたなど。

    もう一つは敵(花粉)が多いとき。

     

    春一番が吹くと花粉が大量に飛び始めます。

    明日は十分ご注意を。

     

     

  • しもやけ、バイバイ!!

    ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

    スタッフの桐谷です。

    我が家の主人、職業・魚屋です。

    毎年、冬になると「しもやけ」に悩んでいました。

     

    赤紫色に腫れあがり、大きな手がさらに大きくなっていました。

    一年中、冷たい水に触れているので、

    皮膚の温度が低下し、しもやけになっていたと思います。

     

    しもやけの原因は寒さや冷えによって血流が悪くなることで起こります。

    そこで、「キョーレオピン」を飲ませました。

     

    最初は嫌々飲んでいましたが、疲れにも良いと実感し

    毎日続けて飲むようになりました。

     

    キョーレオピンはにんにくの抽出液です。

    にんにくには、ビタミンB1、B6、カリウムなど豊富です。

    免疫力UP、スタミナ補給、冷え(他にも色々)等に効果があります。

     

    キョーレオピンを飲み始めて3年、主人の手がしもやけになることはありません。

    長年悩んでいた、しもやけとバイバイできて主人も喜んでいます(^-^)/

    ウエマツ薬局オンラインショップはこちら

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜・祝祭日
ウエマツ薬局
null