花粉症・風邪 有限会社ウエマツ薬局 口コミ体験談 | 漢方 アトピー 不妊

Facebook いいねして下さい

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

花粉症・風邪の体験談


最近の記事

  • 肺気腫のひどい咳が楽になりました。

    2017年3月9日 | , ,

    63歳  女性
    咳は10年以上前から、ゼイゼイヒューヒューいって、この2週間特に悪化。
    痰がからみ、膿のようで、黄色くかたまり、気管支がいつもつまっています。
    いつも咳が出て歩けません。
    夜も自分の咳の音で眠れません。
    ただ幸いなことに食欲は有ります。
    指で測った酸素量は、88%でした。
    仕事を辞めようと考えていました。

    <漢方薬を飲んだ後>
    咳が減り、痰が出やすくなり、歩けるようになりました。
    仕事は辞めずに済みました。
    まだ少し痰がゴロゴロしますが、鼻づまりがなくなりました。
    このあと3週間漢方薬を変えていき、ほとんど咳は治まりました。
    酸素量は正常の94%になりました。

    <先生からコメント>
    中医学ではこのような症状は肺の湿熱、毒熱と考えますので、肺の湿気と熱をとり、肺をきれいにする漢方の煎じ薬8日分飲んでもらいました。
    また毎日柿ピーとコーヒー6杯を飲んでいらっしゃいましたが、柿ピーは肺を乾燥させ、コーヒーは肺に熱をこもらせます。
    どちらもやめて、はと麦と冬瓜を毎日食べるよう指導しました。
    二つとも肺の痰をとる働きがあります。

    肺気腫は難しい病気です。
    漢方でもこんなに早く良くなることは珍しいです。
    弁証(見立て)が症状にしっかり合ったからだと思っています。
    まだステロイドの吸入はやっていますが、仕事が続けられて、日常生活が普通にできればいいです。
    また悪化しないよう、生活と食事を十分気をつけていくことが大事です。

    国際中医師 薬剤師 植松 光子

  • 蓄膿症が治り成績が上がりました。

    13歳 男児

    Before
    鼻づまりがひどく、いつも口呼吸をして蓄膿症だと言われていた中学生の男の子が漢方を飲んで、
    鼻づまりがすっかり治り、蓄膿症も消えました。

    After
    そうしましたら、学校の成績も上がってきました。
    その時のお母さんの言葉が印象に残っています。
    「ああ、私はこの子に悪いことをした。ずっと通信簿が悪くいつも“2″だった。
    この子は頭が悪いのだと思っていた。本当は鼻のせいだったのに」
    そしてこのお子さんは大学に入り、今は公認会計士になり、活躍しています。

  • 急性蓄膿症、後鼻漏が改善しました。

    69歳  女性
    Before
    以前からのどに鼻水が流れる後鼻漏がありました。
    3カ月前発熱と同時に副鼻腔に膿がたまり、蓄膿症といわれました。
    2カ月前にはのどが痛くなり、朝、突然声が出なくなりました。
    声帯が老化で割れているそうです。

    耳鼻科にかかり、「咽頭炎」と言われ、抗生剤がでましたが、治りません。
    孫に歌を歌ってやりたいので治したい、と来店されました。

    After
    舌を見ると中心が細かく割れています。
    これは中医学から見ますと「陰虚(いんきょ)」と言って体に潤いを保つ力が不足していることを示します。
    肺を潤して声が出やすくして、蓄膿に効く漢方薬を飲んでいただきました。
    2週間後には驚いたことに、後鼻漏がほとんどよくなり、蓄膿も気にならなくなりました。

    声はまだ元の声とは言えませんが80%よくなった、とおっしゃっていました。
    鼻水はまだ粘り気があるので、今度はもう少し潤いを保つ漢方薬に変えて、
    徐々に体質改善に持っていきたいと思っています。

  • 鼻茸が手術をしなくても消えました。

    鼻茸が手術をしなくても消えました。
    77歳 女性

    Before
    肥厚性鼻炎で、風邪をひくと鼻が詰まり、鼻水はねばねばして色がついています。
    特に左の鼻は完全に詰まっています。
    10年前に鼻茸を取る手術をしたのですが6年前に再発して鼻茸が出来、また手術を勧められています。

    After
    講演会で植松の漢方の話を聞いて来店されました。
    舌の色や便通の具合をお聞きして症状に合った漢方の煎じ薬をお出ししました。
    半年くらい飲まれて病院へ行きましたら、鼻茸が消えていて、手術をしなくてもよくなりました。
    とっても喜ばれたのが、印象に残っています。
    その後もまた鼻茸が再発しないよう、鼻のお薬と、便秘もひどく腰も痛いので
    両方に効く漢方薬を16年間飲みつづけられました。
    95歳になられて天寿を全うされました。
    その間、自営業をされていたので、最後に入院されるまで元気に店頭に立って
    お客様の相手をされていたそうです。

    コメント
    鼻茸は慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎と関係が深く、症状としては、左右どちらか、
    あるいは両方が鼻づまりの状態になります。
    ひどくなると鼻で息が全くできなくなったり、鼻の穴からきのこのような形の鼻茸が顔を出すこともあります。
    また匂いを感じる神経を圧迫することで、嗅覚が鈍くなったり、匂いを全く感じなくなることもある病気です。
    ひどくなると手術で取り除きます。
    この方もかなり大きくなっていて手術をすすめられていましたが漢方の煎じ薬を飲んで消え、
    その後16年間一回も再発しませんでした。
    また漢方で腰の痛みや便秘を治していたので、ずっとお元気で、
    いつも髪の毛をきれいに結っていられて、忘れられないお客さまです。

    担当 薬剤師 国際中医師 植松 光子

  • 胃がむかむかする風邪が1日でよくなりました。

    2016年12月17日 | ,

    【Before】
    9月7日昼寝をした後、37度の熱が出て、
    頭が重く、鼻水が出て体が痛くなりました。
    寒気と熱感が繰り返し、じとじと汗もにじんできて、
    胃もむかむかしておえっときました。
    家にあった風邪薬や漢方の葛根湯(かっこんとう)を飲みましたが、
    余計に胃がむかむかしてきました。
    不妊症でお世話になって以来、生まれた子供を連れて
    ちょこちょこ行っているウエマツ薬局に相談に行きました。
    漢方の粉薬もあるが、お茶のように煎じた薬の方が今の症状には効きますよ、
    と煎じ薬をすすめられ、3日分買いました。

    【After】
    家に帰ってすぐ20分間煮出して飲みましたら
    シナモンの香りがして甘くおいしかったのでびっくりしました。
    飲んだらじきに身の置き所がない感じがした頭痛が楽になりました。
    翌日には寒気、吐き気、熱感もなくなり、食欲も6割もどりました。

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null