アトピー・皮膚病一覧 有限会社ウエマツ薬局 口コミ体験談 | 埼玉県川越市 漢方 アトピー 不妊

Facebook いいねして下さい

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

アトピー・皮膚病一覧の体験談

最近の記事







  • 食事改善と漢方で、子供の頃からのアトピーが超特急で改善しました。

    住所:川越市 性別:男性 年齢:22歳

    産まれて3カ月で、耳が切れるアトピー。
    病院でステロイドをだされ、うまくつきあっていたが、脱ステロイド後、
    血だらけのリバウンドがはじまる。

    少し改善したが、冬は乾燥。浪人時代はストレスなどで、腕や背中に湿疹。
    大学生になると腕に湿疹がでるくらいになっていた。

    今年3月に急に右頬に赤み、その後黄色い膿の塊ができた。
    皮膚科のステロイドの飲み薬、塗り薬で改善したが、再発。

    漢方できっちりアトピーを治してきれいな肌にしたい。
    一人暮らしで、偏った食生活をしているのかもしれないので
    指導してほしいと来店された。

    顔が赤く腫れて皮がむけて浸出液がひどい。

     

    <漢方薬を飲んだ後>
    顔が赤く腫れて皮がむけていたが、皮が全部剥けて、赤みもひいた。
    普通の生活がおくれるようになった。

     

    <先生からのコメント>
    一人暮らしの学生さんで食事がめちゃめちゃでした。
    お母さんからも食事指導を頼まれ、来店の度に、
    ご自分の環境でできる範囲でするようお話をしました。

    4か月ですっかりきれいになったのも、
    少し食事に気を付けるようになったからかもしれません。

    国際中医師 薬剤師 植松 光子

    喜びの声1

     

     

     

     

     

     

     

     

    (クリックすると画像が大きくなります)

     

  • 犬の皮膚炎が改善しました。

    ラブラドール・リトリバー  5歳
    犬の皮膚炎には本当に困りました。illust4837
    皮膚炎が出来て、獣医さんにかかってステロイド軟膏をつけていますが、なめてしまいます。

    ステロイドはなるべくなめさせたくないので、かゆみ止めの錠剤を飲ませてみようと肉と混ぜて食べさせると、歯の間から上手に錠剤だけピっとはじいて出してしまいます。

    痒くて皮膚をかむので血が出て、毛が抜けてあちこち飛んで、ほとほと困って、行きつけのウエマツ薬局さんに相談しました。

    <漢方薬を使用後>

     よい方法が見つかりました。
    漢方の煎じ薬をコットンで皮膚に、ぴちゃぴちゃかけてあげました。

    なめてしまいますが、なめれば自然に体に入りますから飲んだと同じような効果も出ます。

    1週間で効き目が出てきてほっとしました。
    体にも良いのでもっと続けようと思っています。

    なにより、嫌がらず気持ちよさそうにしているのが一番です。

    <先生からのコメント>

    犬の皮膚炎は上記のように治すのがとても大変です。

    煎じ薬を飲ませるのも大変です。「フンフン」と匂いをかいで逃げて行ってしまいます。
    その点、外からかけてやるのは気持ちがよいらしく、おとなしくしています。
    漢方の煎じ薬は皮膚の状態によって変わります。

    ・真っ赤な血熱状態
    ・じくじく汁がでている湿熱状態
    ・かさかさフケ状の落屑が多い風燥状態
    ・下痢しやすい胃腸の弱いタイプ  脾虚

    季節でも変わります。 春・夏・秋・冬で皮膚は変わります。

    症状が良くなったら再発予防に皮膚を丈夫にする漢方薬に切り替えていくと体質改善にもなり、丈夫になります。

    国際中医師 薬剤師 植松 光子

     

  • 15年近く良くならなかったアトピーが3か月で楽になりました!

    住所:入間市 年齢:30歳 性別:男性 イニシャル:K

    ☆今までの経緯は?
    子供の頃からアトピーで、ステロイド治療などをしてきたが、治らなかった。

    ☆ウエマツ薬局にいらしたきっかけは?
    インターネットで「アトピー」で調べたら、当薬局がヒットして、
    家からも近いので、ためしに行ってみようという気軽な気持ちで来ました。

    ☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところは?
    赤みとかゆみがなくなりました。体の調子が良くなりました。

    ☆今の状況は?
    たまに薬を飲むのを忘れるけど、体には何も問題ないくらい、
    アトピーのかゆみは出なくなりました。

    ☆悩んでいる方にひとこと。
    当薬局に来て、2~3カ月でほぼ赤みもかゆみもなくなりました。
    ぜひ一度来て見て下さい。

    ☆先生からコメント

    K様が実行されたことをお伺いしました。

    ・冷たい飲み物をやめた。

    ・お風呂の温度を43度→40度にした。

    ・こまめに汗を拭きとる。

    ・サラダを2割増やして食べた。

    ・長袖の服を着て、軟膏をたっぷり塗った。

    それらの小さな積み重ねが功を奏したと思います。

    国際中医師 薬剤師 植松 光子

    2017年5月15日

     

     

     

     

    2017年5月15日

     

    2017年8月26日

     

     

     

     

    2017年8月26日

     

    15年近く良くならなかったアトピーが3か月で楽になりました!

     

     

     

     

     

     

    (画像をクリックすると大きくなります。)

     

  • いぼが、6か月でとれました。

    11歳 男児
    アトピーで漢方薬を飲み始め、アトピーは少しずつ良くなってきましたが、
    指にイボがあり、目立ってきました。
    イボにも効く漢方薬を飲みたい、ということで飲み始めました。

    前

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    <漢方薬を飲んだ後>
    飲み始めて2か月で、イボが軟らかくなってきて、
    6か月目にはすっかりきれいになり、びっくりしました。後いぼ

     

     

     

     

     

     

     

     

    <先生からのコメント>
    子供のイボは、ウイルスの感染が原因です。
    また次第に堅くなっていくので、漢方薬としてはウイルスに効果のあるものと、
    硬くなった皮膚を軟らかくするものを飲んでいただきました。

    クリニックの治療は痛みを伴うので子供は嫌がります。
    どちらも植物性で食べ物なので副作用もなく、苦くなく早く消えてとても喜ばれました。

    国際中医師 薬剤師 植松 光子

     

  • アトピーが改善し、第二子妊娠へ

    住所:宇都宮市 年齢:34歳 性別:女性 イニシャル:M

    ☆今までの経緯は?
    幼少期から慢性的にアトピーの症状はありましたが、
    学校や仕事など日常生活に支障が出る程ではありませんでした。

    その為、長期に渡る治療はなかなか継続せず、その場しのぎで
    根本的に改善しないまま大人になってしまいました。

    ☆ウエマツ薬局にいらしたきっかけは?
    出産を機に、自分の事は後回しの生活になり、
    それに加えて初めての育児のストレスやプレッシャー・・・。

    アトピーが悪化するのに時間はかかりませんでした。
    心身ともに限界、という時に、ウエマツ薬局を紹介していただき、初めて訪問しました。

    ☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところは?
    まずは、全身の痛みやかゆみが落ち着いた事が何よりも一番助かりました。
    (当時はかわいい筈の我が子が抱っこを求めたり、
    飛びついてきたりするのも辛いほどでした。)

    症状が落ち着き始めるとともに、気持ちに余裕が出て、
    子どもに対して、きちんと向き合えるようになりました。

    自分の身体の辛さから優しくできなかった時期を反省しつつ、
    その時間を取り戻したい一心で、日々前向きに過ごすよう、心掛けるようになりました。

    ☆今の状況は?
    症状が落ち着いてきた事で、新たに子供を望む気持ちが芽生え、
    めでたく第二子を妊娠しました。

    ☆悩んでいる方へひとこと。
    アトピーの症状がありながら妊娠する事に不安がある方もいらっしゃると思います。
    妊娠中、そして産後と症状が悪化しないように、
    しかし無理をしてストレスがたまらないように、バランスを取りながら一緒に頑張りましょう!
    (2016.2.14)

    ☆先生からのコメント
    来店されたときは全身赤黒くかきむしり、
    一つ一つの丘疹は盛り上がって痒疹という
    アトピーよりもさらにかゆみのひどい状態になっていました。

    育児の疲れとアトピーのかゆみで大変な様子でした。

    食欲があり、体力があったので、漢方の煎じ薬と粉薬両方をしっかり飲んでいただき、翌月には痒疹が少なくなって希望が持ててきました。

    半年後、かゆみが落ち着いたので、二人目の赤ちゃんが欲しい、
    とおっしゃいました。

    基礎体温が不安定なので、アトピーを悪くしないように、
    ホルモンバランスを整える漢方薬を飲んで半年後、妊娠されました。

    妊娠中はアトピーが悪化しやすいので、悪くならないような漢方薬で、
    肌もずいぶんきれいになり、もうすぐ出産です。

    女性のアトピーは生理や育児に左右されます。
    両方を悪化させないようにしながら、よくさせていくことは技術が必要です。
    国際中医師 薬剤師 植松 光子

    アトピーが改善し、第二子妊娠へ

    (画像をクリックすると大きくなります)

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null