埼玉県 漢方 アトピー ウエマツ薬局 | 埼玉県川越市 アトピー 埼玉 漢方 不妊

Twitter ウエマツ薬局【公式】 Facebook ウエマツ薬局【公式】 Facebook 植松光子

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局



  • 漢方薬で尿酸値が下がりました。

    69歳 男性

    病院の血液検査で、尿酸値が7.4を超え、

    医者から尿酸値を下げる薬を強くすすめられました。

    薬はあまり飲みたくないので、漢方で対応できないかと思い、

    ウエマツ薬局に相談しました。

     

    <漢方薬を飲んだ後>

    7カ月が過ぎ、尿酸値が基準値内にはいる事が出来ました。

    お医者さんからも「尿酸値が下がって良かったね。」との言葉をもらうことができました。

     

    <先生からのコメント>

    尿酸の正常値は7・0以下ですが、この方は8.0あり、

    医師から薬を強く勧められました。しかし強く断ってウエマツ薬局に来店されました。

    痛風発作は尿酸が溜まる足の親指の関節などに激痛をおこします。

    また腎臓などにもたまり、脳梗塞、心筋梗塞にも気を付けないといけません。

     

    帝王の病気と言われるくらいですので、肥満や肉類、ストレスも引き金になります。

    この方も甘いケーキや和菓子をたくさん食べてしまうとのことでした。

    5年前に血液のガンになって、抗癌剤の副作用で手のしびれがありました。

    便秘や汗をかきやすい、わき腹が張る、などの症状を考えて

    漢方薬のエキスを飲んでいただきました。

     

    尿酸値は毎月少しずつ波がありましたが下がり、7か月後の現在6となり、

    医師も喜んでくださったそうです。手のしびれも軽くなってきました。

    このように漢方薬は数字だけでなく、体質を改善しますので、

    体調をよくして、将来おきる病気の予防にもなります。

    国際中医師 薬剤師 植松光子

  • 食事も睡眠も大切な治療だと教えていただきました。

    私は、中学生の頃から生理が3ヶ月に1回しかなく、便秘がひどくて年中ニキビ肌でした。

    生理は婦人科、便秘は内科、ニキビは皮膚科に通わなければならず、

    部活や勉強で忙しい中通院は大変でした。

    なかなか治らないニキビは、高額なエステでの治療も本気で考えました。

    大学生になり、母に薦められて漢方薬局で治療を始めました。

     

    <漢方薬を飲んだ後>

    体質改善と生活習慣の見直しが一番大切との先生の言葉をお守りに、

    毎月処方されるお薬を飲み続けると、様々な不調がどんどん改善されました。

    適切なお薬と食事内容、睡眠の話まで生活全般をケアしていただき、

    自分の健康を自分自身で管理する大切さも教えていただきました。

     

    <先生からのコメント>

    にきびは生理や食事、睡眠、便通など複雑に絡み合ってできます。

    ですからとても治りにくいのです。

    しかし中医学的に見て絡みあったものをほぐしていくと驚くほどきれいになります。

    ぜひ試してください。

     

    写真の方は、赤みが、だいぶ引きましたが、まだ途中経過です。

    これからも漢方を続け、生活と食養生をしっかりやっていけば、

    さらにきれいになるでしょう。

    国際中医師 薬剤師 植松光子

    2015.09.15

     

     

     

     

     2018.01.05

    (クリックすると大きくなります)

     

  • 「漢方で体質改善し、元気な赤ちゃんが産まれました。」

    *お客様からの喜びの声です*

     

    もともと、私はアトピーで、体質を改善したく、漢方を頼っていました。

    妊娠し、「赤ちゃんもアトピーで苦しむのかな」

    「肌が汚かったらどうしよう」と心配でしたが、

    今のところ、肌はきれいで、おっぱいもよく飲み、元気に育っています。

    1ヶ月で、体重も1.3㎏以上増えました。

     

    妊娠中、自分の肌は悪化し、ちょっと辛かったですが、産後、すーっときれいになりました。

    ひどいつわりもなく、妊娠経過も順調、娘も元気に産まれてきてくれたのは

    漢方のおかげだったのかもしれないなぁ、と思っています。

     

    *先生からコメント*

    妊娠中、一人目のお子さんの世話と仕事の両立で

    とても疲れているようでした。

    アトピーも悪化し、大変でしたが、出産後、顔の赤みはすぐに引いてしまいました。

     

    妊娠中は体温が高いので、一般にはアトピーは悪化します。

    しかし、産後は体温が下がるので、アトピーもよくなります。

    赤ちゃんも、妊娠中お母さんが漢方薬を飲んでいた赤ちゃんは、

    健康な子が生まれる、と言われるように、おっぱいを良く飲み、

    肌のきれいな赤ちゃんが生まれました。

    この仕事をやっていてよかった、と思う私の一番幸せでうれしい時です。

     

     

     

     

     

     

     

  • アトピーが改善し、成績アップ、お化粧もできるようになりました。

    住所:川越市 年齢:23歳 性別:女性

     

    ☆今までの経緯は?

    生まれた時からアトピーでした。

    幼少期、海外に住んでいた時は落ち着いていましたが、

    帰国と同時に再発。

    生理が始まってから、どんどん悪化し、

    最終的には、全身ドロドロで学生時代を過ごしました。

     

    ☆ウエマツ薬局にいらしたきっかけは?

    いくつかの病院に行きましたが、悪化するばかりで、

    人体実験をされているような気分でした。

    ステロイド漬けになり、西洋医学ではもう限界だと感じはじめた時、

    母が偶然ウエマツ薬局を見つけ、

    すぐにメールを送ってくれて、みて頂くことになりました。

     

    ☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところは?

    脱ステロイド、また体質改善ができたところです!

    7年弱と時間はかかりましたが、漢方薬を飲んでいるうちに、

    アトピーの症状が軽くなり、学校の勉強に集中できるようになって、

    成績が上がったり、お化粧ができるようになったり・・・

    できる事が増えていくのがとても嬉しかったです。

     

    ☆今の状況は?

    一番アトピーがひどかった所などに、たまに炎症が起きたりはしますが、

    ステロイドを塗ることも、お薬を飲むこともなく治すことができています。

     

    ☆悩んでいる方にひとこと

    時間はかかりますが、根本から治すことができるので、

    ぜひ漢方薬を飲んでみてほしいです。

     

    2014.07.12

     

     

    2016.04.08

     

    ☆先生からのコメント

    アトピーは軽いうちは、ステロイドだけでもよく落ち着くことがあります.

    しかし、もともとアトピー体質の人は再発しやすいのです。

    皮膚は内臓の鏡といいます。

    内臓を丈夫にすることにより再発は軽くなります。

     

    悪化すればステロイドを使いながら内臓、特に胃腸関係と自律神経を

    丈夫にしていくことによって肌が丈夫になります。

     

    西洋医学と、体の中から治す漢方薬の併用によってアトピーは早く良くなります。

    初めにステロイドを使った時から漢方薬も一緒に併用すれば

    ステロイド漬けになる事はありません。

    ステロイドと漢方の併用、これが世間の常識になれば、

    もっとアトピーで苦しむ人は少なくなるでしょう。

    国際中医師 薬剤師 植松 光子

     

     

     

     

    (クリックすると大きくなります。)

     

     

名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null