アトピー性皮膚炎 真菌 紅斑 | 真菌とアトピーの混合皮膚炎がすっかりよくなりました。

Facebook いいねして下さい

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

アトピー・皮膚病一覧の体験談

  • 真菌とアトピーの混合皮膚炎がすっかりよくなりました。

    男性38歳

    体中にアトピー性皮膚炎と真菌が混ざった状態が、5年以上続いていて、
    皮膚科でその2種類の軟膏を使い分けながら、症状を抑えている状態でした。

    ステロイドの内服薬も飲んでいます。

    背中や腕に、リング状の真菌特有の紅斑が出ているので、
    湿熱毒熱に効果のある漢方薬を飲んでもらいました。

    2014.6.21

     

     

     

     

    (写真2014.6.21)

     

    <漢方薬を飲んだ後>

    2か月飲んでリング状の紅斑は消失しました。

    皮膚科に紹介し菌の検査をしていただいたところ、真菌はマイナスになっていました。

    ステロイドの内服は医師からやめるよう指導され中止しました。

    時々真菌が検出され、一進一退を繰り返しながら4年後の現在はすっかりきれいになり、
    喜びの声を書いてくださいました。

    2017.4.10 (2)

     

     

     

     

    (写真2017.4.10)


    <先生からのコメント>

    真菌に感染し、かゆくてかきむしると、アトピー体質がある人はアトピーが再発し、
    アトピーが悪化します。

    ところが白癬菌などの真菌はステロイドを使うと免疫が下がり、悪化します。
    治療は西洋医学では非常に難しいところです。

    しかし中医学では細菌もアトピーも、湿熱、毒熱とみて、
    清熱薬を使えば悪化はしなく、両方の症状に効果が出ます。

    この方は根気よく漢方薬を飲まれて効果がでられたと思われます。

    国際中医師 薬剤師 植松 光子

    喜びの声

     

     

     

     

     

     

    (クリックすると、大きくなります)

     

漢方薬膳サロン ウエマツ薬局
アトピーでお悩みの方はぜひご相談ください。
辛く耐え続ける人生を、一歩踏み出して希望の人生に変えてみて下さい。
ウエマツ薬局が、今まで培ったアトピー治療の枠をもってあたなのお力になります。
〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-8-7
TEL:049-245-6637 (ご相談は要予約です)
FAX:049-245-6158
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日・祝日
◆アトピー性皮膚炎 | ◆ご相談の流れ | ◆アクセス
名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null