リバウンド 免疫抑制剤 | 免疫抑制剤を使うほどひどかったアトピーがよくなりました。

Twitter 定期的に更新中です! Facebook いいねして下さい

アトピー・不妊治療のウエマツ薬局

アトピー・皮膚病一覧の体験談

  • 免疫抑制剤を使うほどひどかったアトピーがよくなりました。

    18歳 女性

    大学入学からアトピーが悪化し、体は最強のステロイド軟こうを使っていました。

    漢方煎じ薬でよくなり、ステロイド軟こうを止めたせいかリバウンドを起こし、

    休学をしたが、漢方薬で落ち着き、復学しました。

    好きだったケーキ屋さんに就職してからひどく悪化したので

    皮膚科に紹介状を書いて紹介しました。

    ステロイド軟こうやステロイド内服でも効かなくなって、

    臓器移植に使う免疫抑制剤を使って症状は落ち着きました。

    その間も漢方煎じ薬は続けて自分の副腎や肝臓の機能は落ちないようにしました。

     

    <漢方薬を飲んだ後>

    免疫抑制剤の副作用をチェックしながら、漢方薬を飲み、

    次第に量も減らすことができ、今はやめることができました。

    大好きなケーキ屋さんの仕事も続けていられます。

    今は赤みも薄くなりました。

    この2年間は一度も悪化しません。

    ただ免疫抑制剤の副作用で皮膚は薄くなっていますが、

    当初よりは丈夫になってきました。

     

    <先生からのコメント>

    アトピーはステロイド軟こうやステロイド内服薬の

    セレスタミン、プレドニンでも効かないくらいひどくなることもあります。

    その時は臓器移植に使う免疫抑制剤を使うことがあります。

    もちろん皮膚科にかかりながらです。

    そんなひどいときは漢方だけでなく、

    臨機応変に現代医学の力を借りたほうがいい場合もあります。

    その場合も漢方薬を併用すれば体質改善できます。

    絶対やめないことが治すコツです。

    国際中医師 薬剤師 植松 光子

漢方薬膳サロン ウエマツ薬局
アトピーでお悩みの方はぜひご相談ください。
辛く耐え続ける人生を、一歩踏み出して希望の人生に変えてみて下さい。
ウエマツ薬局が、今まで培ったアトピー治療の枠をもってあたなのお力になります。
〒350-1137 埼玉県川越市砂新田2-8-7
TEL:049-245-6637 (ご相談は要予約です)
FAX:049-245-6158
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜日・祝日
◆アトピー性皮膚炎 | ◆ご相談の流れ | ◆アクセス
名門北京中医薬学大学日本校提携薬局だから安心!ご相談はお気軽に


〒 350-1137
埼玉県川越市砂新田2-8-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:日曜、祝祭日
ウエマツ薬局
null